【第93回グッとくる昭和サウンド】苗字が出てくる曲特集

放送した楽曲

  1. 山口さんちのツトム君 / 斉藤こず恵
  2. おーい中村君 / 若原一郎
  3. 尾崎家の祖母 / まりちゃんズ
  4. おじゃまんが山田くん / こおろぎ’73
  5. 田中君じゃないか / かぐや姫

苗字が出てくる昭和の曲を集めてみた

山口さんちのツトム君

山口さんちのツトム君 / 斉藤こず恵(1976年)

作詞・作曲:みなみらんぼう

まず最初の苗字は「山口」。名字由来netの全国名字ランキング14位。曲は、NHKのみんなのうたでもおなじみの「山口さんちのツトム君」。

実はみんなのうたで歌っているのは、NHK東京児童合唱団の川橋啓史さんなのですが、今回ご紹介するのは同名の短編映画に出演して歌っていた斉藤こず恵さんバージョン。

色々な楽器が使われていて地味に豪華なのですが、とくにファンキーでもないのにクラビネットっぽい音が入っているのが好きです。

ところで、山口さんちのお母さんは何故幼いツトム君を置いて実家に帰っていたのでしょうか。

おーい中村君

おーい中村君 / 若原一郎(1958年)

作詞:矢野亮 / 作曲:中野忠晴 / 編曲:上野正雄

続いての苗字は「中村」。 名字由来netの全国名字ランキング8位。 曲は、若原一郎さんの1958年のヒット曲で「おーい中村君」。

新婚ですぐ帰ろうとする同期(?)の友だちを「たまにはいいじゃないか」としつこく誘うという歌。サラリーマンならあるあるなのでしょうか。昭和のドラマなどでたまに見るシチュエーションですね。

50年代らしいジャズのサウンドで、ブレイクからの「おーい中村君」。最高です。

NHKのど自慢での入賞をきっかけにデビューしたということもあって、歌のうまさは折り紙付き。溌溂とした歌い方と通る声もいいですね。ちなみに、若原さんの本名は「田野倉 仲義(たのくら なかよし)」なのだそうですが、めちゃくちゃいい名前です。

尾崎家の祖母

尾崎家の祖母 / まりちゃんズ(1975年)

作詞:まりちゃんズ / 作曲:藤岡孝章

続いての苗字は「尾崎」。 名字由来netの全国名字ランキング160位。 曲はまりちゃんズで「尾崎家の祖母(おざきんちのばばあ)」。

歌詞はなかなか酷いのですが、とにかく曲がカッコいい!最初から最後までノリノリで弾きまくっているギターはなんとCharさん。しかしながら、本人はあまり触れられたくないのだとか…。

尾崎んちのばばあ 尾崎んちのばばあ 尾崎んちのばばあは ななじゅうにっ!

何度も言うようですが、言葉は悪いもののフレーズがキャッチ-で思わず口ずさみたくなります。口汚く罵っているわりに、最後はちゃんとフォローしているところが憎めません。

まりちゃんズといえば、3人の風貌も只者ではないですが、実質2年の活動期間でリリースした曲がほとんど放送禁止になるというかなりのアウトロー。

2005年に尾崎さんを除くメンバーで藤岡藤巻として、大橋のぞみちゃんのバックで登場したときは「のぞみちゃん逃げて~!」と思った方も多かったのではないでしょうか。

おじゃまんが山田くん

おじゃまんが山田くん / こおろぎ’73(1980年)

作詞・作曲:山本正之 / 編曲:クニ河内

続いての苗字は「山田」。 名字由来netの全国名字ランキング12位。 曲はいしいひさいちさん原作のテレビアニメ「おじゃまんが山田くん」の主題歌です。

カランカランカラーン いい人ね カランカランカラーン いい人よ

本当に耳障りの言いこのフレーズが、頭の中でヘビロテで帰ってこれなくなくなることがままあります。

アニメの中でも、各話の転回部分で「おーじゃまじゃまじゃま~ おじゃまんが」というキャッチ-なフレーズがでてきますが、

そんなキャッチ-なこの曲。歌詞の中でストーリーに登場する人物を含めた“田”の付く苗字が沢山出てきます。

山田、吉田、池田、福田、青田、金田、安田、木田、沢田、鶴田、千田、村田

ある意味、今回の特集にピッタリの曲と言えますね。

田中君じゃないか

田中君じゃないか / かぐや姫(1972年)

作詞:伊勢正三 / 作曲:南こうせつ / 編曲:小山恭弘

最後の苗字は「田中」。 名字由来netの全国名字ランキング4位。 曲は、フォークグループかぐや姫の1972年のシングルで「田中君じゃないか」。

タイトルだけだとおーい中村君的な楽し気な歌かと思いましたが、何とも切なくなる歌です。

声をかけられた中村君はダブルのスーツが板につく課長。一方自分は、四畳半に裸電球、百円玉が3つにラーメンライスで独り身のその日暮らし。最後は好きな人に会いにいって欲しいと思いつつ、実際は可愛い子見たさにわざわざ朝8時半の電車にのって、真っ白なマンションで可愛い妻が出迎えてくれる生活を夢見ているそんな暮らし。

切ないですね。

夢を持った若者がこれをバネに成功するというサクセスストーリーならまだいいのですが、もしこの人が田中君と同級生ならばいくつなのでしょうか。

一般的に課長職になる年齢の平均は42~45歳と言われているようです。だとすれば、切なさ倍増。なんとか夢を叶えて欲しいものです。

最後に

今回は、タイトルに苗字が入っている曲をご紹介しました。

印象としては、ランキング上位のわかりやすい苗字が多く、インパクトの強い曲が多かったように思います。

それでは、次回もお楽しみに。

参考:名字由来net 全国名字ランキング

番組ホームページはこちらの画像をクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です